Sound Off
更新日:2024.01.19 公開日:2021.11.05

売れるLPを作るヒント

多くの方が次のような疑問を抱えているのではないでしょうか?

  • 「効果的な売れるLPを作成して、新製品やサービスを成功させたい。でも、どうすればいいの?」
  • 「ウェブからの問い合わせや販売が伸び悩んでいる。原因は何だろう?」
  • 「現在のランディングページの成果を上げたいが、具体的な方法が分からない。」
  • 「ウェブサイトでは物足りない!売上を伸ばすための強力なLP制作が必要だ!」
  • 「デジタルマーケティングの知識が不足している。売れるための秘訣は何だろう?」

こうした悩みに対して、今回は解決策のヒントをご紹介します。

特に「Googleでの検索結果に強い売れるLP」作成を目指し、効果的なLP制作のポイントを分かりやすく解説していきます。

どうぞ最後までお付き合いください。

ロックハーツへ無料相談する

なぜ売れないLPは効果が出ないのか?

「ランディングページ(LP)」とは、簡単に言えば、WEBサイト訪問者を最終的な目標アクション(例えば、商品購入や資料請求)に導くために特化したページのことです。

このLPの最大の目的は、CV(コンバージョン)の最大化、つまり「売れるLP」を実現することにあります。

しかし、売れないLPの特徴を理解することは、効果的なLP制作において欠かせないステップです。

たとえば、あなたのLPが成果を上げていない場合、その原因を探ることは非常に重要です。

また、これからLPを作成する方も、失敗しないために以下のポイントを把握しておくことが役立ちます。

ターゲットユーザーに合わせたキャッチコピー

あなたのLPは、ターゲットに合わせた魅力的なコピーを持っていますか?

内容は分かりやすく伝わっていますか?

ユーザーが求める情報

ユーザーが何を求めているかを理解し、それをLPに反映させていますか?

商品・サービスの明確な提示

LPを見ただけで、どのような商品やサービスか一目で理解できますか?

デザインは分かりやすいですか?

運用と改善の欠如

効果のないLPをそのまま放置せず、継続的に改善していますか?

消費者に響くメッセージを伝えていますか?

 

Googleも、質の低いページを低く評価し、検索結果のランキングに影響を与える可能性があります。

そのため、上記の点を踏まえてLPを見直すことは、検索結果における集客力向上にも直結します。

これらは売れないLPの特徴の一部に過ぎませんが、原因を探ることで様々な改善策が見えてくるでしょう。

お問い合わせの増加するLPとは?

「売れるLP」と密接に関連しているのが、お問い合わせの件数です。

売れないLPは、購入を検討している顧客からの問い合わせも少ない傾向にあります。

しかし、問い合わせが多いのに購入に至らない場合は、商品やサービスの提示方法に問題があるかもしれません。

ここでは、お問い合わせの件数を増やすための重要なポイントをご紹介します。

LPO(ランディングページ最適化)の実施

集客を成功に導くため、LPを最適化しましょう。

シンプルなデザインと明確なメインコピー

不要なリンクを削除し、内容が一目で理解できるデザインを心掛けます。

一体型のお申し込みフォーム

ユーザーが問い合わせしやすいフォーム設計を行います。

ファーストビューのお問い合わせボタン設置

直感的に問い合わせができるよう、最初に表示される部分にボタンを設置しましょう。

CTA(Call To Action)の効果的な配置

商品やサービス購入、資料請求、お問い合わせなどの行動を促すCTAを多く設置します。

 

これらのヒントを実践することで、お問い合わせの件数が増え、結果的にLPの効果も向上します。

自社のLPをこれらのポイントに照らし合わせて、必要な改善点があればすぐに取り組むことをお勧めします。

ランディングページのコンバージョンを高めよう

「お問い合わせ」の件数が増えたら、次のステップはランディングページのコンバージョンを高めることです。

コンバージョンとは、商品やサービスの「実際の購入」を意味し、時には「お問い合わせ・資料請求」なども含まれます。

コンバージョンの向上は、計画的なLP制作、効果測定、そして改善プロセスの実施によって達成されます。

計画的なLP制作

商品やサービスにマッチし、ターゲット層に適したLPを設計します。

効果測定と改善

定期的にLPの効果を測定し、必要な改善を施します。

最適化の重要性

Googleなどの検索エンジンでの表示順位を考慮し、SEO対策を含む最適化を行います。

 

コンバージョンが伸び悩む場合、LPが商品やサービス、ターゲット層との間でミスマッチを起こしている可能性があります。

このような問題を防ぐためにも、運用と改善のプロセスは非常に重要です。

結果が伴わない場合や、コンバージョンが急に落ちた時には、これらのポイントに特に注意を払い、適切な対応を行いましょう。

LP制作後の重要なステップ

ランディングページ(LP)制作の後、重要なのはそのLPの「最適化」です。

まず、LPの基本をおさらいしましょう。

LPは、ウェブサイト上で検索された際や広告をクリックした時に、直接的に注文や資料請求などのアクションにつながるページを意味します。

要するに、コンバージョン(CV)向上を目指した専用の広告ページです。

集客のための最適化

単にLPを制作しただけでは不十分です。

効果的な集客を目指し、ウェブ上での露出を高めるための最適化が必要です。

LP内のエンゲージメント

LP訪問者が商品やサービスに関心を持つよう、LP内の内容も最適化することが重要です。

これにより、コンバージョン(購入・お問い合わせ等)につながります。

 

LPをただ作成するだけではなく、これらの最適化のステップに焦点を当てることで、LPはその真のポテンシャルを発揮します。

集客とエンゲージメント、両方の最適化に注力することで、LPの効果を最大限に引き出しましょう。

Googleで集客するために

日常的にWEBで情報を検索し、共有する中で、私たちの多くが利用しているのが「Google」の検索エンジンです。

このGoogleを活用して、ホームページやランディングページ(LP)への集客を最適化することは、成果を上げる上で重要です。

SEO(検索エンジン最適化)やGoogle広告、SNSを利用した宣伝、LPO(ランディングページ最適化)が代表的な施策です。

今回は、SEOとLPOに焦点を当てて解説します。

Googleとは

Googleは1998年にラリー・ペイジとサーゲイ・ブリンによって設立された企業で、検索エンジンをはじめとする多様なオンラインサービスを提供しています。

名前の由来は「googol(10の100乗)」からきており、インターネット上の膨大な情報を組織化するという目的が込められています。

GmailやYouTubeなども提供しており、日本でも「ググる」という言葉が生まれるほど、私たちの生活に欠かせない存在となっています。

SEOとLPOの重要性

Googleでの検索結果において優位に立つことは、多くの人にサイトを見てもらうことに直結します。

そのため、「売れるLP」を作る上でSEOとLPOに取り組むことは非常に重要です。

特にスマートフォン利用者の増加を考慮し、モバイルフレンドリーなデザインへの対応も必須です。

まとめ

本シリーズでは、LP(ランディングページ)制作に焦点を当ててきました。

次回は、LP制作後に重要となる「LPO(ランディングページ最適化)」と「SEO(検索エンジン最適化)」について詳しくご紹介します。

今回はGoogleに関する話題が少なかったですが、次回はGoogleを活用したウェブ集客に注目して解説しますので、どうぞお楽しみに。

株式会社ロックハーツでは、WEBマーケティングの知識を活かし、制作から運用改善まで一貫した「売れるLP制作運用サービス」を提供しています。

映像制作会社としての強みを活かした動画LPや、流行りの記事LPなど、多様なアプローチで企業のサービスを支援しています。

どのような質問でも構いません。

WEBマーケティングに精通したプロフェッショナルが、あなたのビジネスを成功へと導く最適なサポートを提供します!

ロックハーツへ無料相談する

RECRUIT

Join Us
採用情報はこちら
ロックハーツでは、つくる喜びを共有し、共に高鳴らし合える仲間を募集しています。お客様に感動を与えることはもちろん、世の中の心まで動かせるようなクリエイティブを一緒に実現しませんか?募集職種やロックハーツ ならではの働き方など、詳しい採用情報はこちら。

CONTACT

Contact Us
お問い合わせはこちら
見る人の琴線を揺らす映像をつくりたい。Webで認知拡大や集客を行いたい。オンライン広告の効果を最大化する運用を任せたい…ロックハーツが貴社の課題をクリエイティブとマーケティングで解決に導きます。まずはこちらからお気軽にお問い合わせください。