Sound

このサイトはBGMが流れます。
SoundをOnにしてお楽しみください。

Sound Off

MAGAZINE

動画制作の流れとは?2つの注意点を含めて徹底解説!
Outline
アウトライン

動画市場の拡大に伴い、「動画を使い企業の宣伝を行いたい」「動画制作の流れを知りたい」と悩みをもつ方も少なくないはず。

そこでこの記事では、動画制作の流れと注意点2つを徹底解説しています。この記事を読むことで、動画制作の流れと注意点に関する理解を深めることができます。ぜひ最後までご覧ください。

動画制作の流れとは?

一般的な動画制作の流れは下記の通りです。動画制作というと、撮影と編集だけに焦点をあてている方が多いのではないでしょうか。1本の動画を制作するためには、下記で紹介する制作フローが必要となります。

  • ヒアリング・企画
  • 構成
  • 撮影
  • 編集
  • 試写・修正
  • 完成

これから動画を制作する方は、上記の過程について詳しく知っておくことが大切です。それでは、次の章から順番に詳しく解説していきます。

動画制作の流れ①ヒアリング・企画

動画制作を進めるため、1番最初に行うのはヒアリング・企画です。ヒアリング・企画では下記のことを決めて、動画制作の軸を決めます。

  • 動画の目的
  • 納期・費用
  • ターゲット・ペルソナ設定

まずは依頼者のヒアリングを行い、動画の目的やビジョンを明確にします。この際に参考となる動画があると、依頼者と制作者のイメージが共有しやすいためおすすめです。

次はターゲットやペルソナ、動画の方向性を決めていきます。動画の方向性が決まれば、次は納期と費用を決めます。納期は修正を含めた日数を考えておくといいでしょう。

あらかじめ予算を決めておくと、見積もりまでスムーズなやりとりができます。また予算内でできることも、制作会社から教えてくれるので参考にしましょう。

動画制作の流れ②構成

ヒアリング・企画が終わると、制作会社が提案書を作成します。提案書には、下記のことが記されていることが多いです。

  • 動画の構成
  • 動画の方向性
  • 動画に関わる費用
  • スケジュール

提案書には動画の構成となる、ストーリーや大まかなアウトラインが記入されているので、動画のイメージが浮かび上がります。

制作会社と依頼者とのあいだで構成のやりとりを繰り返し、台本を作成します。台本ができると、その後のスケジュールなどの細かな日程を調整し撮影に入る流れです。

動画制作の流れ③撮影

動画撮影には準備するものが多数あり、下記のものが必要です。動画撮影の準備ができると、台本に従い動画撮影を行います。

  • 撮影場所
  • 照明・音声機材
  • カメラ
  • 三脚などの固定できる機材

上記のものがない場合は、レンタルや制作会社に依頼することを検討しましょう。なお、動画撮影が必要のないアニメーションの場合は、撮影の課程がアニメーション作成になります。

動画制作の流れ④編集

動画撮影が終わると、編集の作業に入ります。編集には下記の工程が必要になり、1番時間を要する箇所です。

  • 動画素材を決める
  • 映像をつなぐ
  • テロップ入れ
  • 音声・効果音の挿入

動画で決める素材や、カット割をつなげる作業を行い、1つの映像に仕上げる作業を行います。ナレーション動画やアニメーションなど、動画の種類により音声・効果音は後入れになる場合もあります。

制作会社に依頼した場合、依頼者立ち合いのもと、音声や効果音のイメージを確認してもらいながら進めるのが一般的です。

動画制作の流れ⑤試写・修正・公開

編集、音入れが終了したら、依頼者に確認してもらう試写を行います。

この段階で修正点などのフィードバックをもらい、修正作業に入ります。よほどのことがない限り、撮り直しを行うことは少ないです。

動画の方向性のズレはないか、映像に入れる素材は良いかなどの微細な調整を繰り返し、クオリティの高い動画に仕上げます。

修正が完了すると、公開する媒体に合わせたファイル形式を作成し公開。動画制作の一般的な流れはこのように進んでいくので、覚えておきましょう。

動画制作の注意点を2つ紹介

動画制作を進めていく上で2つの注意点があります。この2つを意識しておかないと、イメージ通りの動画ができないことや、予想を超える費用・時間がかかる恐れがあるので注意が必要です。

  • 動画制作の目的・動画制作の軸
  • 動画制作の予算と納期

上記の注意点を参考に、イメージ通りの動画作成の参考にしてください。それでは1つずつ解説していきます。

注意点①動画制作の目的と軸

動画制作において、目的と軸はとても重要です。動画制作を通じて何を伝えたいのかを明確にしておかないと、軸がズレた動画ができる可能性が高いです。

例えば「会社の知名度を上げるため」「動画広告で集客をするため」などを決めておく必要があります。

仮に、制作会社に依頼する場合も動画の目的と軸を決めておかないと、イメージ通りの動画ができない可能性がでてきます。

「プロに依頼するからなんとなく依頼すればいいものを作ってもらえる」という安易な考えを持つと、想定外のトラブルにつながるので注意しましょう。

注意点②動画制作の予算と納期

動画制作を進めていく上で、予算と納期の設定も大切です。動画制作を依頼する場合、予算・期間内で依頼者の要望を満たした最適なプランを提供してくれます。

予算と納期を決めずに依頼する場合は、複数の企業から見積もりを貰い、あなたの希望に合う制作会社を選ぶようにしましょう。

また予算を決める際に、参考動画を制作会社に提案することで、細かな金額を教えてくれるのでおすすめです。

まとめ

今回は動画制作を行う流れと注意点を紹介しました。動画制作は、細かな過程を得て1本の動画ができあがります。

「動画制作はプロに任せたい…」という方は、ロックハーツにお任せください。

1,000件以上の動画制作実績があり、会社案内・リクルートなどの映像制作など予算や要望に応じた幅広い動画の制作が可能です。

効果的な動画制作を依頼したい方は、ぜひお問い合わせください。

RECRUIT

Join Us
採用情報はこちら
ロックハーツでは、つくる喜びを共有し、共に高鳴らし合える仲間を募集しています。お客様に感動を与えることはもちろん、世の中の心まで動かせるようなクリエイティブを一緒に実現しませんか?募集職種やロックハーツ ならではの働き方など、詳しい採用情報はこちら。

CONTACT

Get In Touch
お問い合わせはこちら
見る人の琴線を揺らす映像をつくりたい。Webで認知拡大や集客を行いたい。オンライン広告の効果を最大化する運用を任せたい…ロックハーツが貴社の課題をクリエイティブとマーケティングで解決に導きます。まずはこちらからお気軽にお問い合わせください。