Sound

このサイトはBGMが流れます。
SoundをOnにしてお楽しみください。

Sound Off

MAGAZINE

動画制作を依頼するポイントとは?メリット・デメリットを併せて紹介
Outline
アウトライン

動画広告やYouTubeなどの動画制作を企業に依頼したいけど、「依頼するときのポイントはあるの?」「動画制作を依頼する費用はどれくらい?」という不安をお持ちの方はいるのではないでしょうか。

この記事では、動画制作を依頼する際の悩みを下記の流れで紹介しています。

  • 動画制作を依頼するポイント
  • 動画制作の流れ
  • 動画制作の依頼先
  • 動画制作の費用相場

この記事を参考に、あなたのイメージに合う依頼先を見つけて、動画制作の活用に役立ててください。

動画制作を依頼するポイントを3つ紹介

動画制作を依頼する際は、下記のポイントを意識することでスムーズな動画制作が行えます。

  • 動画制作の目的
  • 予算・納期
  • 参考動画

それでは3つのポイントについて詳しく解説していきます。

動画制作の目的

動画制作において目的を決めておくことがとても重要です。

動画制作を通じて、「会社の宣伝」「商品購入のためのブランディング拡大」「ブランドの価値を高めるため」など、伝えたいことにより、動画制作の目的が変わってくるからです。

漠然とした目的では、依頼者と製作者とのあいだにギャップが生まれ、目的がぼやけた動画になる恐れがあります。

依頼者の目的がハッキリしているほど、イメージに近い動画ができる可能性が高くなるので、目的は明確にしておきましょう。

予算・納期

動画制作を考える上で、予算と納期を依頼する前から決めておくとようでしょう。

制作会社も予算・納期をあらかじめ聞いておくと、予算内で依頼者の要望を叶えてくれる最適なプランを提案してくれます。

またあらかじめ予算と納期を決めておかないと、予想外の制作費や制作時間がかかる場合があるので注意しましょう。

予算・納期を決めずに動画制作を依頼する場合は、複数の会社と相談し、見積もりをもらってから選択するのも1つの手です。

参考動画

動画制作を依頼する際は、完成イメージに近い参考動画を用意することが大切です。

参考動画があれば制作会社もイメージがしやすく、動画制作の流れもスムーズに進むでしょう。

なお、「目的は企業の認知度拡大、参考動画はこの企業のPV」と詳しい情報があるほど、イメージしている動画に近づくのでおすすめです。

動画制作の流れを紹介

動画制作の基本的な流れは下記のように進みます。

  1. 企画・ヒアリング
  2. 台本作成
  3. 撮影・アニメーション作成
  4. 編集・音入れ
  5. 完成

細かな点をは省きましたが、依頼から完成までの制作フローは上記の通りです。

また、作成する動画の種類によっては工程なども若干変更しますが、基本はこの流れで進みます。

動画制作にかかる時間とは?

動画制作にかかる時間は、動画の時間や動画の種類により変動しますが、一般的に動画制作にかかる時間は2ヶ月程度といわれています。

急いで納品したい場合には、依頼する段階で「何月何日までに納品して欲しい」という趣旨を予め制作会社に伝えておくとよいでしょう。

動画制作の依頼先は?

動画制作は、「個人に依頼する場合」と「制作会社に依頼する場合」の2通りあります。

近年、YouTubeやTikTokなどの動画配信サービスの需要が高まり、個人で動画編集を行うフリーランスも増えてきました。

個人で依頼する強み、制作会社に依頼する強みを知ることで、あなたがイメージしている動画制作を行ってくれるでしょう。

次の章から個人に依頼する場合と、制作会社に依頼する場合のメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

個人に動画制作を依頼するメリット

個人に動画制作を依頼するときのメリットは下記の通りです。

  • 費用を抑えられる
  • 細かな要望を聞いてくれる

個人で依頼する1番のメリットは、費用を抑えられることです。

企業に依頼すると制作に関わる人数により、費用が高くなる傾向があります。しかし個人の場合は全てを1人で行うことが多いので、人件費が掛からないので安い費用で依頼を受けてくれます。

また個人で行なっているので、急な要望や細かな修正なども柔軟に対応してくれるのも強みといえるでしょう。

個人に動画制作を依頼するデメリット

個人に動画制作を依頼するときのデメリットは下記の通りです。

  • あたりハズレがある
  • 依頼者に負担が増える
  • クオリティが保証されない

個人に依頼する場合、ココナラ・クラウドワークス・ランサーズといったクラウドソーシングサービスを利用する場合が多いと考えます。

副業で動画制作を行なっている個人制作者の場合、「本業が忙しく納期が守れない」「連絡が取れなくなる」という可能性も考えなければなりません。

また個人で動画制作を行なっている人に業界のつながりがない場合、依頼者にかかる負担が増えることもあります。

個人に依頼する場合は、口コミや評判を見て判断することをおすすめします。

制作会社に動画制作を依頼するメリット

制作会社に動画制作を依頼するときのメリットは下記の通りです。

  • クオリティが保証される
  • スピーディーな納品も可能
  • 全ての工程を任せられる

制作会社に動画作成を依頼する1番のメリットは、クオリティが保証されることです。

撮影機材・編集アプリなど、個人では高額で手がだせないものも、会社だからこそ力を入れることができます。

制作会社には構成担当・撮影担当・編集担当と、各課程をこなせるプロがいるので、個人にはできないクオリティの高い動画作成ができます。

また動画作成に慣れているので、近々の納期でも対応してくれるのが嬉しいポイント。

制作会社に動画制作を依頼するデメリット

制作会社に動画制作を依頼するときのデメリットは下記の通りです。

  • 費用が高くなる
  • 得意・不得意がある

個人に依頼する場合と比べると、制作会社に依頼すると制作費用が高くなる傾向にありますが、事前に予算を決めておくことで、予算内で動画をキッチリ仕上げてくれます。

また制作会社により得意不得意があります。制作会社に依頼するときは値段で決めるよりも、イメージしている動画を得意としているか否かで判断することをおすすめします。

あなたがイメージしている動画を得意とする制作会社の選定が必要なので、注意してください。

動画制作にかかる費用相場を紹介

動画制作の費用は、制作する動画の種類により変動します。この章で紹介する動画の種類と費用相場は下記の通り。(参照:ロックハーツマガジン

  • インタビュー形式:約5万円〜50万円
  • 会社紹介:約20万円〜100万円
  • アニメーション:約20万円〜100万円
  • YouTube:約5,000円〜50万円
  • 3DCG:約30〜300万円

上記から依頼したい動画制作の目的や種類により、値段が変動することがわかります。

上記で紹介したのはあくまで一例です。複数社と見積もりを取り、動画制作の予算に合う会社を選ぶといいでしょう。

動画の制作を依頼するならプロに任せよう!

今回は動画制作の依頼に大切なポイント、依頼する際ののメリット・デメリットを紹介してきました。

動画制作を依頼するための大切なことをもう1度紹介しておきます。

  • 動画制作の目的
  • 予算と納期
  • 参考動画の準備

また、動画制作の依頼に迷った場合は、制作会社に依頼することをおすすめします。

「企業に依頼すると高額になるのでは…」という方は、ロックハーツにお任せください。

1,000件以上の動画制作実績があり、会社案内・リクルートなどの映像制作など予算や要望に応じた幅広い動画の制作が可能です。

効果的な動画制作を依頼したい方は、ぜひお問い合わせください。

RECRUIT

Join Us
採用情報はこちら
ロックハーツでは、つくる喜びを共有し、共に高鳴らし合える仲間を募集しています。お客様に感動を与えることはもちろん、世の中の心まで動かせるようなクリエイティブを一緒に実現しませんか?募集職種やロックハーツ ならではの働き方など、詳しい採用情報はこちら。

CONTACT

Get In Touch
お問い合わせはこちら
見る人の琴線を揺らす映像をつくりたい。Webで認知拡大や集客を行いたい。オンライン広告の効果を最大化する運用を任せたい…ロックハーツが貴社の課題をクリエイティブとマーケティングで解決に導きます。まずはこちらからお気軽にお問い合わせください。