デジタルマーケティングコンテンツ

「動画広告」でターゲット層を拡めよう!

こんにちは!「株式会社ロックハーツ」のデジタルマーケティングチームです。

以前YouTubeの動画広告に関しての記事をご紹介した際に、基本的な部分には触れたと思いますが、今回は「動画広告」で検索キーワードに基づくターゲット層を拡める為のポイントをご紹介いたします。YouTube動画広告に関して興味を抱いていらっしゃる方や、効果的な方法を何かお探しの方はぜひ最後までご覧ください。

1,YouTube動画広告のターゲティング

ひとくちに「動画広告」と言っても種類があり、動画を広告としてSNSを通してや、広告に掲載する方法、YouTube内の広告として出す方法など様々な出し方があると思います。今回は、その中でもユーザーが増え続けている「YouTube」の動画広告にフォーカスしてご紹介をします。動画広告を初め、何かサービスを宣伝する際に大切な事、それは「ターゲティング」です。このターゲティングを疎かにすると、せっかく制作した動画広告も上手く活用することができず、集客にも結びつかないという結果にもなりかねません。動画広告は文章のみの広告よりも沢山の情報を乗せることができるので、視聴者に多くの伝えたいことを届けることが可能です。その分、集客に繋げるためによりターゲットを絞った動画を制作の上、ターゲットにしっかりと届く広告設定を考えて配信する事が大切です。YouTubeの動画に関してのターゲティング設定は配信効率(費用対効果)を大きく左右することもあるため、まずは商材やサービスの特徴をまとめ、どの様な客層に届けたいのか?をはっきりとさせましょう。YouTube広告の設定項目は、大きく分けて「オーディエンス・ターゲティング」「コンテンツ・ターゲティング」と言う異なる視点の2種類があります。「オーディエンス・ターゲティング」ユーザーの興味や関心や属性を推定したグループのことで「コンテンツ・ターゲティング」は意図的にコンテンツ広告を組み込むようなイメージの広告の表示場所を指定する物です。性別や年齢、関心事や生活習慣などのライフスタイルに至るまで様々な設定をしたり、どこで表示させるかを考えてみたりして工夫をすることで結果を良いものに変えて行きたいと誰もが思いますが、一点集中し過ぎる配信設定をしてしまうと、対象になるユーザーが少なかったり、また沢山項目を設定しすぎてボケてしまうと、それもまともに配信されない可能性があるので、なるべくターゲット層となるペルソナを細かく設定して、その客層にリーチするように設定するためのターゲティングに力を注ぐべきかと考えます。

 

2,YouTube広告で効果検証をしよう

YouTube広告の配信はGoogle広告から行うため、YouTube広告のターゲティング方法はGoogle広告に基づいた物となっています。YouTube広告のターゲティング方法は、ほぼディスプレイ広告と同じと言われています。なので、Google広告とYouTube広告の2つを運用してみると効率的に知識を増やしていけるかもしれません。YouTubeはターゲットを狙った配信の機能が様々用意されている分、YouTube広告で成果を出すには様々な要素が影響してきますので、どの様に配信したらよいのか迷われると思います。しかし、選択肢が多い分、きちんと自社のサービスや商材の特徴や成果を出すまでの道順を整理しておけば、戦略の幅を広げることも可能です。まず、分析を元に、高品質な動画を準備してまた集客の動線としてCV(コンバージョン)を上げるためのLP(ランディングページ)準備も忘れずにしておきましょう。配信をする上で、テストマーケティングも大事になってくるので、実行しながら改善を常に意識して進めていきましょう。また、YouTubeには「動画再生時間」を見る機能もあるので、閲覧したユーザーが広告を見てくれているか?や、広告がユーザーとミスマッチしていないかなどを考えて配信していく事も重要です。その中で、動画コンテンツの改善や広告文のコピー文言やサムネイルの良し悪しなども総合的に分析、改善を続けて、配信を長いスパンで行って成果に結びつけましょう。こうすることで、最初のターゲティングが適していたのかも少しづつ図ることができ、またマーケティングや設定に自信のない場合でも、動画広告でユーザーを広げる活動に取り組む中で、まだサービスを知らない潜在層のターゲットに向けても自社のブランドやサービスをアピールする機会も増えるかもしれないので、結果的に新しい顧客となりえる層に動画広告で効果的にアプローチをしていく事もできる様になり、最終的なコンバージョンに結びつける道も開けてくるかもしれません。「効果検証を行うこと」が自社の経験値にもなり、ビジネスを盛り上げていくヒントとなりえるかもしれないので継続的に続ける事は大切だと言えます。

>>「株式会社ロックハーツ」への無料問い合わせはこちら!

3,検索キーワードターゲティング「カスタムインテントオーディエンス」

TouTubeを通して利用できるターゲティングは様々ありますが、特に「カスタムインテントオーディエンス」という手法は利便性が割と高くどの企業様にもオススメです。これは、ユーザーがある特定の製品・サービス等を調べていたり、購入を前向きに検討している購買意欲の高いユーザに向けて、的確にアプローチできるターゲティングのひとつで、これは消費者の認知から購買の一連の購買行動のどの目的にでも活用できると言われています。もっと具体的にお話すると、あらかじめ用意された自社がアピールしたいサービスに関連するカテゴリがない場合に、キーワードやURL、YouTube内コンテンツ、アプリ等を指定して購買意向の強いユーザー層をオリジナルで定義することができる機能で、運用者が「検索キーワード」を指定すると、直近でそのキーワードを探していたユーザーに対して効果的にアプローチできる仕組みとなっており、ターゲットユーザーの興味や関心、課題としている事を「想定の元キーワードを指定」して予想することで、あまり外れのない訴求内容の動画広告を用意することも可能となります。ビジネスを成功へ導きたい企業は、このカスタムインテントオーディエンスで検索キーワードを味方に付けたターゲティングを行ってゆくこともオススメします。ターゲットを明確にすることも大切ですが、自社サービス・製品を使用してくれそうな潜在層のターゲットを拡げていくマーケティングにも力を入れて行きましょう。

 

4,まとめ

ロックハーツの「広告運用」サービスに全てお任せください

本日の内容はどうでしたでしょうか?YouTube等に動画広告を出したり、動画マーケティングに取り組みたくても何から初めたらよいかわからない方も多いかと思います。ターゲットを絞って、効果的な動画広告を出してビジネスを盛り上げたいと考える方は、プロに全ておまかせする事もオススメです!株式会社ロックハーツでは映像制作から企画、運営、また動画広告の出稿など様々な場面を一括でサポートする多彩なサービスを実施しております。詳しくは下記よりご覧ください。

広告運用とご一緒に、ロックハーツの「高品質な動画」はいかがですか? 

ご要望に合わせてジャンルを問わず、企業VPやサイトに掲載する動画など、様々なクオリティーの高い動画を適正価格でご提供することが可能です。SNSに動画コンテンツを入れたい!LPに動画を組み込みたい!あるいは、動画広告を出したい!等のご希望がございましたら、ロックハーツのプロの動画制作クリエーターが広告に適した良質な動画をワンストップで制作いたします!WEBサイト・動画等のコンテンツ制作にお困りの方へオススメのサービスも多数ご用意いたしております。ロックハーツでは映像制作から運用までの全てをプロフェッショナルが一括して承る事が可能ですので、ご遠慮無くお問い合わせくださいませ。今回は制作実例の一例として、ご好評いただいているウェディング関連動画の制作事例をご紹介いたします。

~ロックハーツ公式YouTubeチャンネル【映像制作ロックハーツ - 動画マーケティング】より~

【ROCKHEARTS】ブライダルエンドロール/動画制作

【ROCKHEARTS】結婚式エンドロール/動画制作

プロのクリエーターが企画から撮影、編集を通して質の高い映像制作を行い、デジタルマーケティングに精通した実績を持つ担当者が一括で運用・改善までを適正価格で完全サポート!

PICK UP

-デジタルマーケティングコンテンツ
-

Copyright© ROCKHEARTS , 2020 All Rights Reserved.