デジタルマーケティングコンテンツ

「Google検索に強いLP」を作るヒント教えます!~②LPOとSEO編~

「Google検索に強いLP」を作るヒント教えます!~②LPOとSEO編~

こんにちは!「株式会社ロックハーツ」のデジタルマーケティングチームです。本日は、前回に引き続き、「Google検索に強いLP」を作るヒント教えます!のトピックを中心にお届けします。今回は「②LPOとSEO編」です。内容に入る前に、前回、下記の様なお悩みのある方向けの内容だとお話いたしましたが、まずは「よくあるお悩み」をおさらいしてみましょう。

売れるランディングページを作って新商品やサービスを売りたいが、作り方がわからない

WEBからのお問い合わせや商品購入が中々伸びない

今のランディングページのコンバージョンを高めたいが、やり方がわからない

ホームページはもう限界!売上アップのためのランディングページを制作したい!

WEBマーケティングのノウハウがなく、どうやったら売れるのだろう?

この様なお悩みをお持ちの方に今回は、LPを制作したあとのLPOとSEOの大切さと運用するにあたっての成功のヒントを中心にお話を展開して行ければと思います。今回も、3分で読めて、3分で解決のヒントを得ることができるマーケティングブログを目指しましたので、ぜひ最後までご覧ください。前回のブログを見逃してしまった方は下記より、ご覧いただけます!

「①LP制作編」を見逃してしまった方は下記よりご覧ください!

1,LPを制作した後に大切なこと

「Google検索に強いLP」を作るヒント教えます!~①LP制作編~

まず、LPとは何なのか?をもう一度おさらいしましょう。「Landing page:ランディングページ」の略で、WEBサイト上で検索した場合や、広告などをクリックした時に、注文や資料請求など最終的な目的のアクションに直接的につなげることに特化したページの事を指します。もっとざっくり言うと、CV(コンバージョン)を上げることを目的にした「広告宣伝のための専用ページ」です。前回は、売れるLPの制作にフォーカスして内容をお伝えいたしました。今回は、そのLPを制作してからの「最適化」に関してお伝えします。まず、LPを制作してもWEB上で「集客」をし、LP内で商品やサービスに関心を持ってもらわなければコンバージョン(購入・お問い合わせ等)にはつながりません。そのためには2種類の最適化に力を入れなければならないのです。

Googleで集客のために最適化を行おう!

皆様が毎日、WEB上で検索をして情報を集めたり、発信したりしている中でによく使われている検索エンジンが「Google」だと思います。まずはこの中で「ホームページ」や「ランディングページ」に対して集客するための施策をしていかねば、せっかく作ったLPも意味のないものになってしまいます。代表的な施策としては、SEO(検索エンジン最適化)やGoogle広告に代表されるリスティング広告やSNSを使用した宣伝・LPO(ランディングページ最適化)です。今回は広告に関しては割愛し、SEOとLPOにフォーカスしてお話を進めて行きます。まずGoogleの検索エンジンに関してお話をします。そもそもGoogleとは何でしょうか。それについて触れたいと思います。

Googleとは…1998年、ラリー・ペイジとサーゲイ・ブリンによって設立された、検索エンジンなどのオンラインサービスを主に提供・運営している企業です。Googleの由来は「googol(ゴーゴル:10の100乗を表す)」から来ているそうで、インターネット上の膨大な情報を組織化するという想いが込められていると言われています、検索エンジンの他にもフリーメールの「Gmail」やYouTubeなどと言った様々なサービスを提供しており、急速に拡大し続けています。日本でいうとyahoo!を使用するユーザーもいますが「ググる」という言葉ができた様に、Googleの検索エンジンは私達の生活にとって欠かすことのできない物へとなりつつあります。

よって、Googleで検索結果に優位になることは多くの人の目にサイトを届ける事になるため、SEOとLPOに取り組むことは「売れるLP」を作る上で欠かせないものになると予想できると思います。特に昨今スマートフォンからの検索ユーザーも増えていているので、そちらを意識したデザインを考える事も重要です。

>>「株式会社ロックハーツ」売れるLPの無料相談はこちら

2,SEOとは?

先程「最適化」に関して、SEOとLPOと2つの言葉を上げましたが、SEOとは何なのでしょうか?下記に説明を載せておきます。Googleで検索順位を上げるためにはまずは集客のためのSEOに撮る組む必要があるのです。

SEOとは・・・『検索エンジン最適化』(Search Engine Optimization)略称で、GoogleやYahoo!などを代表とする「検索エンジンで」でユーザーがキーワードを検索した際に、検索エンジン側に的確に、そして正確に「ページ内容を評価される」ように「Webページの最適化」を行い、自らのサイトが上位に表示される様にするテクニックを指すマーケティング手法です。具体的には、検索ワードで上位の評価を受けているワードを盛り込んだり、優秀だと思われる外部の被リンクを集めたり等の対策を行なったりしてユーザーに価値あると認められるコンテンツを提供している」という事を「検索エンジンに評価される様に働きかける」技術的な作業を行なったりします。オーガニック検索からの流入は、特定の情報を求めている購買欲のある「質の高いユーザー」が流れてくることが多いため、SEO対策で獲得したユーザーは商品やサービスとマッチングしやすい傾向にあり、彼らはサイトに訪れた際に最終的なコンバージョンに結びつきやすい存在であると言えます。この様にSEO対策は、WEBプロモーションを行う際には大変重要な要素で、ダイレクトに「集客に成功する大事な要素」であると言えます。

>>「株式会社ロックハーツ」へお問い合わせ!

3,LPOとは?

次にLPOに関してご紹介します。せっかくSEOを行なったところで、LPで集客やコンバージョンにつながらなくては意味がありません。そのため、LPに対しても制作や制作後に最適化を行なって置かねばなりません。この2つを両立して初めて良い結果を得ることが出来ると言えるでしょう。下記に、LPOとは何かをご説明します。

LPOとは・・・ランディングページ最適化(Landing Page Optimization)の略称で、LPOは、SEO(検索エンジン最適化)や、SEM(検索エンジンマーケティング)と一緒に語られるマーケティング手法の一つです。LPというのは「ランディングページ(Landing Page)」の略で、着地ページとも言われる「サービス(製品)を効果的に販売するために、優先的に伝えたい情報を載せた縦長の紹介ページ」、あるいは「ホームページに訪れた際に最初にアクセスされる一番重要なページ」等を指します。LPがあることによって、CVR(コンバージョン率)を上げられる利点があるため、各企業はこのページに力を注いでいるケースが多いです。LPに対してそれぞれの流入したユーザーの目的に合わせた情報(テキストやクリエイティブ)をページ内に準備しておけば、サイトからの途中離脱を防ぐことが期待できると共に、効率的なコンバージョンに結び付く可能性が高くなります。その事からもLPは費用対効果を考えると、非常に有益で重要なページだと言えます。LPOとは、このランディングページの最終的なコンバージョンを最大限にまで高める(最適化)する事を目的とした作業を指します。

この作業を通してGoogleで検索されやすいページを目指す事で、売れるLPへと一歩近づく事が出来る可能性がアップすると言えるでしょう。

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめ!

LPOとSEOを両立させてコンバージョンを最大化する正攻法

>>LP制作なら「株式会社ロックハーツ」へ!

4,まとめ 売れるLPであり続けるために

ロックハーツに全てお任せください!

前回と今回の内容を通して「売れるLP」とは何であるかのヒントをお伝えしました。しかし、LPを作って効果的に運用をしても、移りゆく世の中の状況に合わせて、振り返りと改善を続けて行かなければたちまち売れないLPになってしまうかもしれません。ロックハーツでは売れるLPを制作するだけでなく、作ってからどの様に運用していくのかも重要だと考えています。売れるLPであり続けるための支援サービスも豊富に揃えておりますので、ぜひ一度私達にご相談ください。ただいま、無料でデジタルマーケティング「売れるLPの作り方とは??」を配布中です。ぜひこちらもダウンロードいただき、ご検討ください。

LP制作・運用サービス開始

期間限定!「無料」資料を配布中!下のボタンよりダウンロードを

LP制作のポイント5つを詰め込んだオリジナル資料が今だけ無料!

ご一緒に、高品質な「映像制作」サービスはいかがですか?

ご要望に合わせてジャンルを問わず、企業VPやサイトに掲載する動画など、様々なクオリティーの高い動画を適正価格でご提供することが可能です。SNSに動画コンテンツを入れたい!LPに動画を組み込みたい!あるいは、動画広告を出したい!等のご希望がございましたら、ロックハーツのプロの動画制作クリエーターが広告に適した良質な動画をワンストップで制作いたします!WEBサイト・動画等のコンテンツ制作にお困りの方へオススメのサービスも多数ご用意いたしております。ロックハーツでは映像制作から運用までの全てをプロフェッショナルが一括して承る事が可能ですので、ご遠慮無くお問い合わせください。今回は制作実例の一例として、ご好評いただいているウェディング関連動画の制作事例をご紹介いたします。各サービスとセットでのご利用をオススメいたします。

ロックハーツ公式YouTubeチャンネル【映像制作ロックハーツ - 動画マーケティング】より▼

【ROCKHEARTS】結婚式エンドロール作品例

【ROCKHEARTS】結婚式エンドロール作品例

プロのクリエーターが企画から撮影、編集を通して質の高い映像制作を行い、デジタルマーケティングに精通した実績を持つ担当者が一括で運用・改善までを適正価格で完全サポート!WEB制作もお任せください!

ロックハーツデジタルマーケティング事業部

Youtube運用代行サービス

ロックハーツ映像制作事業

PICK UP

-デジタルマーケティングコンテンツ
-,

Copyright© ROCKHEARTS , 2021 All Rights Reserved.