デジタルマーケティングコンテンツ

知ってると得する!LP(ランディングページ)の集客方法

こんにちは!「株式会社ロックハーツ」のデジタルマーケティングチームです。

みなさんの運営されているランディングページでは集客はできていますでしょうか?集客ができているところも、そうでないところも様々あるかと思います。今回は「集客に成功するLP(ランディングページ)」に関してお伝えします。この記事が少しでも皆さんのWEBサイト運営に役立つと嬉しいです。それでは始めましょう。

1,LP(ランディングページ)とは?

ランディングページとは、LPとも呼ばれていますが、WEBサイト上で検索した場合や、広告などをクリックした時に、注文や資料請求など最終的な目的のアクションに直接的につなげることに特化したページの事を指します。もっとざっくり言うと、CV(コンバージョン)を上げることを目的にした「広告宣伝のための専用ページ」です。このページは始めにユーザーと接点を持つページなので、作り方によって、CV(コンバージョン)の獲得に大きな影響を与えます。

 

2,集客に成功しCVに結びつくLPとは?

冒頭でもお話しましたが、ランディングページ(LP)の大きな役目はブランドや商品の認知もありますが、大きく分けて「集客」と「CV(コンバージョン)を獲得する」事にあります。こちらのどちらがかけても企業としての利益は出ませんので、この2つの役目をきちんと担うことができるLPが「優秀なLP」だと言えます。この2つの役目に関してまずコンバージョンを獲得する以前の段階としての「集客」に関してお話します。まず集客がなぜ大切なのかというと、どんなに立派なLPを制作しても、ユーザーが訪れなければお問い合わせや、商品・サービスと言ったCV(コンバージョン)に結びつかないからです。CVに結びつくページの作り方もとても大切ですが、集客もちゃんとできるLPを制作することが重要課題となります。集客に繋がり、CVに結びつきやすいLPの特徴の一部を以下にまとめました。

集客に結びつきやすいページの特徴

1,ファーストビューにターゲットユーザーの求めている情報がある
⇒ファーストビューとは、ユーザーがサイトに訪れた際に一番はじめににユーザの目に入るところです。ここにユーザーの探している情報と合致している情報が乗っていればCVに結びつきやすくなります。

2,具体的なイメージがわく様な写真を適切に使用している
⇒ユーザーはその商品・サービスを使用するイメージを掴むことができると、購入したいと思いやすくなります。多すぎず少なすぎづ適切な分量を使用して魅力的なページにしましょう。

3,価値がわかりやすい様な「数字」を記載している
⇒ユーザーに効果的に働きかけるためには「〇〇位」や「〇〇%」、「〇〇円相当」など数字を使って働きかけると、価値が伝わりやすく、購買行動に結びつきやすくなります。

4,広告を出して有料で集客している
⇒集客のためには見込み客(ターゲット)を呼び込み、売り上げるための方法を考える必要があります。これに成功すると集客に結びつきやすくなります。

5,ペルソナを明確にし、意図に合わせたページデザインを心がけている
⇒まずペルソナを決めることは大切です。年代や性別、どの様なニーズを持つ客層に働きかけるのか明確にし、その層に響きやすくなるページ展開をすると、リーチしやすくなります。

 

3,効果的なLP(ランディングページ)を作るポイント!

集客に結びつきやすいページの特徴をいくつか見てきましたが、実際に成果を出す為にもう少し気をつけるポイントを具体的にお話しましょう。作る際にこれは最低限気をつけておきたいポイントがいくつかあります。これを守ることで、基本的な事項を押さえたLPが作成可能です。

LP(ランディングページ)を作る際に気をつけるポイント

1、ファーストビューのレイアウト作成時に「視線誘導」を取り入れたデザインにする:人間の画面を眺める視線の動きをスムーズにするための技術を「視線誘導」と言います。一般的に「左上から右下」へ視線が移動して行くと言われているそうですが、その特徴を活かしたデザインにするとユーザーにストレスを与えにくくなり、情報を読み取りやすい構成にする事ができます。

2、「キャッチコピー」はターゲットの「ニーズを満たす」ぴったりのフレーズをつける:目的を持ったユーザーにささるフレーズを用意しておくと、購入に結びつきやすくなったり、最後まで文章を読んでくれたりするので、サイトの滞在時間を長くすることができるようになります。

3、長すぎないように1ページをまとめる:ページが長すぎると、人はよっぽど関心がない限り最後まで読みません。伝えたいポイントを完結にまとめてストレスのない長さで商品やサービスを訴求しましょう。

4、コンテンツを何ブロック化に分けるなど、工夫する:人がいっぺんに理解できる情報量には限りがあるため、「ワンブロック・ワントピック」を意識しましょう。ひとつの塊に情報1つのブロックを並べることで理解を促しやすくなります。

5、デザインのバランスに気をつける・色のバランスに気をつける:デザインにあまりにも凝りすぎてデザインだけが目立って、情報が入って来なかったり、伝えたい内容が埋もれてしまいかねませんのでバランスを考えて作成することをオススメします。

6、色のバランスに気をつける:シンプルなデサインにし、色を選ぶ際は、メインカラーは一色に決め、補助色に無彩色を選ぶとキレイにまとまります。

7、SEOに良いようにキーワードなどを適切に設置する:主にサイト自体の設定に影響してきますが、コンテンツの中で使用されるキーワードにも気をつけて、制作をします。

 

4,LPの集客方法の目的

今まで、集客に繋がりやすいLPはどの様なものか?またポイントをお伝えしました。最後に、WEBサイトと異なる「LPの集客の目的」に関してお伝えします。これを知ることで、LPの位置づけがわかり、効果的なLPの作成がうまくなります。まず、複数のページで構成するWEBサイトの目的としては全体的に「わかりやすい構成をする事が大切」という事であるのに対して、LPは1ページで簡潔に情報を伝え、「CV(コンバージョン)を獲得すること」を目的としています。この目的を見ると、ECサイトの場合は別ですが、WEBサイトは直接的な売上に結びつけるものではない物で、SEOなどの自然検索や無料の方法で集客をすることが望ましく、それに対してLPは広告などを利用して、ニーズが顕在化しているターゲットにピンポイントで訴求するスタイルが効果を発揮しやすいです。購買意欲を高めやすく、コンバージョンボタン【CTA(Call To Action)と呼ばれる】の設置により、CV(コンバージョン)を高めて行ける特徴もあるので、上手くデザインを構成し、広告などを適切に使うことで売上をアップさせる事もできると言えます。ページ作成の目的やスタイルなどをよく分析してページを作ることは、集客に対して大切な要素になるので、気をつける事をオススメします。

>>「株式会社ロックハーツ」への無料問い合わせはこちら!

5,まとめ

ロックハーツの「WEB制作」サービスに全てお任せください

本日は、魅力的なLPの制作と集客の方法などに関してお話をしました。とはいってもやはり、効果的なLPを制作し、運用して成果を上げることが難しいことだと思います。お困りの際はプロにお任せすることもオススメです!私達ロックハーツは、WEBサイト・LP制作やWordPress構築、オウンドメディア設計など、SEOを意識した検索に強いWEB制作・マーケティングを支援しています。また、モバイルファーストにも対応するスマートフォン、タブレット向けレスポンシブデザインもお任せください。WEB制作、運用などでお困りの事がある際には、お気軽にお問い合わせください。詳しくは下記をご覧ください。

WEB制作とご一緒に、ロックハーツの「高品質な動画」はいかがですか? 

ご要望に合わせてジャンルを問わず、企業VPやサイトに掲載する動画など、様々なクオリティーの高い動画を適正価格でご提供することが可能です。LPに動画を入れたい!あるいは、動画広告を出したい!等のご希望がございましたら、ロックハーツのプロの動画制作クリエーターが広告に適した良質な動画をワンストップで制作いたします!WEBサイト・動画等のコンテンツ制作にお困りの方へオススメのサービスも多数ご用意いたしております。ロックハーツでは映像制作から運用までの全てをプロフェッショナルが一括して承る事が可能ですので、ご遠慮無くお問い合わせくださいませ。今回は制作実例の一例として、ご好評いただいているウェディング関連動画の制作事例をご紹介いたします。

~ロックハーツ公式YouTubeチャンネル【映像制作ロックハーツ - 動画マーケティング】より~

【ROCKHEARTS】ブライダルエンドロール/動画制作

【ROCKHEARTS】結婚式エンドロール/動画制作

プロのクリエーターが企画から撮影、編集を通して質の高い映像制作を行い、デジタルマーケティングに精通した実績を持つ担当者が一括で運用・改善までを適正価格で完全サポート!

PICK UP

-デジタルマーケティングコンテンツ
-

Copyright© ROCKHEARTS , 2020 All Rights Reserved.