デジタルマーケティングコンテンツ

ランディングページの最適化(LPO)でコンバージョンアップ!

こんにちは!「株式会社ロックハーツ」のデジタルマーケティングチームです。

今回は、運用者向けの「LP最適化の必要性」に関してお話します。WEB制作担当者・運用者にとって、WEBページの最適化は最終的な収益であるCVをアップさせるためにも非常に重要なことだと言えます。

1,LPとは?

LPとは「Landing page:ランディングページ」の略で、WEBサイト上で検索した場合や、広告などをクリックした時に、注文や資料請求など最終的な目的のアクションに直接的につなげることに特化したページの事を指します。もっとざっくり言うと、CV(コンバージョン)を上げることを目的にした「広告宣伝のための専用ページ」です。

2,LP(ランディングページ)最適化とは?

ランディングページ最適化とはLPO(Landing page optimizationと呼ばれ、CV(コンバージョン)最適化、あるいはCV率最適化【CRO(Conversion Rate Optimizatio)】と呼ばれている、広範囲の「マーケティング手法」の一つであり、ウェブサイトに訪問してくる潜在顧客の比率を飛躍的に向上させることを目的としています。制作したLPを分析して、効果的に利用できるように改善していく仕組みのことでもあるので、各企業はLPを制作する際と運用していく中で、商品購買やお問い合わせといった事業の収益(CV:コンバージョン)につながる割合をより向上させる為に必ず行っておくべき対策と言えます。またLPOには、ターゲティング手法に基づく3つのタイプと、実験手法に基づく2つのテストタイプが存在してます。この仕組を理解した上でLP最適化に取り組むことをオススメします。

LP最適化(LPO)のターゲティング方法に基づく3つのタイプ

LPOには、ターゲティング手法に基づく3つのタイプが存在している。

予測的コンテンツターゲティング(Predictive content targeting)…別名「能動的ターゲティング」とも呼ばれていて、過去のユーザーの購買行動や閲覧のパターン、統計情報等といった顧客の今後の行動を予測して分析する技術を用い、最適だと判断されるコンテンツを配信

顧客志向ターゲティング(Consumer directed targeting)…別名「ソーシャルターゲティング」とも呼ばれていて、サイト訪問者によりつけられたタグや評価(レビュー)を元に最適だと判断されるコンテンツを配信

連想コンテンツターゲティング(Associative content targeting)…別名「ルールベース最適化」、「受動的最適化」とも呼ばれているタイプで、特別な調査をせずとも入手することが可能な検索キーワード等の一般的な情報を元に顧客のセグメントをして、最適だと判断されるコンテンツを配信

LP最適化(LPO)の実験方法に基づく2つのテストタイプ

またLPOには、実験手法に基づく2つのテストタイプも存在している。

期限付きのテスト(Closed-ended experimentation)…一定期間に顧客に対して複数のバリエーション豊かなページを表示させてデータを取得し、実験期間終了時の結果に基づき最も優れているされるページを選択

期限なしのテスト(Open-ended experimentation)…期限付きと反対に期間を定めずに実験を行う中でリアルタイムに結果を集計していき、動的に最も優れていると考えるページに変更

3,LPOを行うメリットとは?

先程、冒頭でLPOを行う意味に少し触れましたが、LPOを行うことで、様々なメリットが生まれます。

LPOがもたらすメリット

1-魅力的なページにすることでページの離脱率を下げる事ができCVを増加させる事ができる…CVの増加を目的として制作されるLPですが、LPの直帰率は一般的なポータルサイトに比べて8割ほど高いとされていて、コストを掛けて立派なもの作ったとしても直帰率や離脱率が高ければ無意味なものとなってしまいます。上手くページを作ってLPOを行い、「ページの離脱率」を下げる事でCVを増加させ、利益につなげることができます。

2-ユーザーに対する深い分析につながって、効果的な施策が打てるようになる…LPOにより、ユーザーのニーズを特定できた上でどのように訴求すればよいのかが分かるようになってきます。ランディングページの改善を行う上では、コンバージョンのアップは重要な課題ですが、目的なく行うよりも数値的な側面でも今後の対策が取れやすくなります。

3-SEO対策と一緒に併用して行うと結果が出やすい…SEO【Search Engine Optimization(サーチエンジンオプティマイゼーション)】とは、「検索エンジン最適化」という意味を持つ用語のことです。Webページ制作時にサイト分析をし、アクセス数をアップさせる為に改善を実現させることを目的としており、このSEO対策に乗り出すことは世界中で当たり前に事になってきています。SEOもLPOも最終的な目標としては「最終的なCVにつなげる」ことなので、両方の対策をしておくことで、望んだ結果を早く手にすることができると言えます。

その他にも多くのメリットがあるLP最適化には、やはり精力的に取り組むべきだと言えます。

4,LPO(LP最適化)を行うべきページとは?

LPOで効果の出やすいページとしては、以下のページが言えます。

・資料請求をCV件数としているLP…サイトの訪問者は、そのサービス時代に興味を持って訪れているユーザーが多いので、最後までサービスを見てもらえるように、直帰率や離脱率を下げるLPを制作、最適化すると良いと言えます。

・問い合わせを件数をCVとしているLPや広告関連のLP…リスティング広告などで有料のLPを利用している場合はページに訪れてくれたユーザーが離脱しない様な設計をするために、最適化を刷ることで問い合わせ件数も増え、CVに結びつきやすくなります。

・商品を販売・お試しが出来る事をうたっているECサイトのLP…通販において商品を購入する前のお試しの申し込みページなどを制作する場合のLPは、1ページで、売り込みたい製品をより効果的に見せることで最終的なCVを増加させることができます。そのため、最適化する意味合いも大きいです。

その他にもあらゆるページでLPOを行う事は、企業の利益に繋がります。是非、まだ取り組んでいない企業様は早急に着手する事をオススメします!

5,まとめ

「WEBサイト・LP制作サービス」にお任せください!

LPOの大切さを本日はご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?LP最適化に取り組んで結果を出したというお話をよく耳にしますが、中々即時で結果を出していくことは難しく、何から行ったら良いかわからない方も多いかと思います。そんな時は、プロに任せる事も一つの解決策になります!ロックハーツでは、WEBサイト・LP制作やWordPress構築、CMS型オウンドメディア設計、お問い合わせフォーム最適化、SEO・SEMなど、検索に強く、マーケティングに最適なWEB制作サービスをご提供いたしております。映像制作会社である「ロックハーツ」の強みを生かした「動画マーケティング施策」のご提案も行っています。もちろん、データ解析・レポーティングもお任せください。詳しくは下記をご覧ください!

LPに組み込む事もオススメな「高品質な動画」の制作事例 

ウェディング関連動画の制作事例をご紹介します。ご要望に合わせてジャンルを問わず、様々なクオリティーの高い動画を適正価格でご提供することが可能です。ロックハーツのプロの動画制作クリエーターがワンストップで動画を制作いたします!

~ロックハーツ公式YouTubeチャンネルより~

【ROCKHEARTS】ブライダルエンドロール/動画制作

【ROCKHEARTS】結婚式エンドロール/動画制作

企画から撮影、編集を通して質の高い映像制作を行い、デジタルマーケティングに精通した実績を持つ担当者が一括で運用、改善までを適正価格で完全サポート!

RHマーケティング

「ロックハーツ」では、SNS 運用の背景を抑えた魅力的で高品質の動画を提供し、さらに運用やマーケティングのアドバイス、効果測定による次回の施策の提示などのデジタルマーケティング分野までの「すべてを適正価格でワンストップで行うことが可能」です。

低価格 高品質 最短納品

「ロックハーツ映像制作」は各種ムービー・エンドロール・ 結婚式場の紹介動画などあらゆる動画制作に精通した、企画から撮影、編集までをこなすマルチクリエーターを取り揃えております!適正価格でしっかりと作りたい作品の制作を実現します!映像制作のお問い合わせはこちらから「ロックハーツ映像制作」

動画マーケティング施策提案

「ロックハーツデジタルマーケティング」ではジタルマーケティングのプロがSNSマーケティングを行い、コンテンツの運用や効果測定などの振り返りや改善までを一括で行い、効果の最大化を図ります。コンテンツの内容のご相談や運用方法もご提案いたしますのでお任せください。SNS運用のお問い合わせはこちらから「ロックハーツデジタルマーケティング」

PICK UP

-デジタルマーケティングコンテンツ
-

Copyright© ROCKHEARTS , 2020 All Rights Reserved.