デジタルマーケティングコンテンツ

動画マーケティングを活かした「売れるLP制作」~②広告運用編~

動画マーケティングを活かした「売れるLP制作」~②広告運用編~

こんにちは!「株式会社ロックハーツ」のデジタルマーケティングチームです。今年最後のブログ更新になります。皆様この一年はどの様な一年だったでしょうか?社会情勢の影響で大変な一年間を過ごした方も多かったのではないでしょうか?来年は良い年にしたいですね。来年もどうぞよろしくお願いいたします!

さて今回は、前回に引き続き、動画マーケティングを活かした「売れるLP制作」をテーマに「②広告運用編」をお送りします。動画を活用したLP(ランディングページ)を作成したら、集客力をアップさせるSEOやLPOを行いながら、更に集客アップのために、広告運用も一緒に取り組むこともオススメです。下記の様なお悩みはありますでしょうか?少しでも該当のお悩みがある方は、ぜひ最後までご覧ください。

売れるランディングページを作って新商品やサービスを売りたいが、作り方がわからない

WEBからのお問い合わせや商品購入が中々伸びない

今のランディングページのコンバージョンを高めたいが、やり方がわからない

ホームページはもう限界!売上アップのためのランディングページを制作したい!

WEBマーケティングのノウハウがなく、どうやったら売れるのだろう?

「①動画LP制作編」を見逃してしまった方は下記よりご覧ください!

動画マーケティングを活かした「売れるLP制作」~①動画LP制作編~

1,動画LPを制作したら

「Google検索に強いLP」を作るヒント教えます!~①LP制作編~

前回は動画LPを作成するお話をしましたが、今回はそのページによりユーザーを集めてコンバージョンにつなげる「集客」の為の「広告運用」にフォーカスしてお話をさせていただきます。前回のおさらいですが、LP(ランディングページ)とはユーザーが検索結果やWEB広告等を通して、最初に入ってくるWebページのことで、特に動画LPは、昨今生活に必須になってきた動画を活用したランディングページのことです。特にネット広告を行う場合は、LP制作の時点で広告運用を視野に入れたページ制作をすることが重要です。LP制作が完了したら、同時に広告運用を進めて行くようにしましょう。

>>売れるLP・広告運用の無料相談はこちら

2,LPの広告運用の効果

では集客に繋がる具体的な「LPの広告運用の効果」とは何か?のお話をします。ランディングページ+広告運用と考える時に、ユーザーと最初に触れるのが広告にもしっかりと力を入れなければなりません。『広告』は主に商品・サービスのイメージや内容、特性を具体的に伝えたり、購買欲を引き出す効果や、実際に購買につなげる説得などの機能があるかと思います。この機能を見てみても効果的な広告を使って商品・サービスを訴求していく事は、後の売上などに大きく作用してくる事が予想されます。広告で集客をし、LPでユーザーの心を掴む一連の流れの中で注目すべき事は、ユーザーがコンバージョンにたどり着くまでのすべてのステップ(広告クリック・ランディングページに飛んで回遊し、何らかのCV(コンバージョン)に繋がる流れの中)では、ユーザー主体的な行動が全てを左右しているということです。ユーザーの気持ちやニーズを理解し、効果的なアプローチをかけ続けることなしには、売上のアップや成果にはつながって行かないのです。また、LPだけ、広告だけでは効果は減ってしまう可能性が高いので、この一連の流れを意識してどの段階でもしっかりとユーザーの心を掴む仕掛けを計画して着実に実行する事で、効果を上げることが出来る可能性は高まると言えるでしょう。よって、この2つをセットで行う事がビジネスの成功へ向けてのステップとして大変重要な事であると言えます。リスティング広告を代表とする様々な広告がありますが、広告運用の効果に関しては下記の「今から始めるリスティング広告運用」などの記事をご参考になさってみてください。

今から始める「リスティング広告運用」

>>「株式会社ロックハーツ」へお問い合わせ!

3,LPと広告運用をセットで

先程、LPと広告運用の効果に関して少し触れ、LPと広告運用をセットで行うことは大変重要だとお話しました。しかし、ランディングページの広告運用と言ってもイマイチわからない…と言った方も多いと思います。ここではセットで行う上で、集客で効果を発揮しそうな広告運用に関してお話をしていきたいと思います。リスティング広告、ディスプレイ広告、リマーケティング広告、動画広告、SNS広告などの種類が様々ありますが、今回は動画LPを中心にお話しているので、「動画広告」に注目して運用方法のご紹介をします。まず、動画広告のメリットとデメリットに関してですが、メリットとしては動画という情報量の多い物を発信することで、サービスや商品のイメージを伝えやすいこと、またクリックしなくても動画を視聴してもらえたり、更にはキーワード検索との連動によりターゲットを絞ることにより、狙っているターゲットユーザーに効果的に情報を提供しやすいという点などがメリットとして上げることができます。その反対にデメリットとしては、広告が失敗していしまうと痛手となってしまう点です。具体的に言うと、見たくない時に広告が出てきてユーザーに商品やサービス、動画広告まで嫌われてしまい、広告どころかマイナスイメージを植え付けてしまう事や、視聴してもらえなければ成果につながらないので失敗すると動画制作のコストが高くなってしまう事があるなどです。広告運用を行う際には、メリットとデメリットをきちんと理解し、自社の特性や予算、ブランディングの方向性などを総合的に考えた上での適切な運用をすることで初めてLPと広告運用をセットで行う効果が得られると言えるでしょう。動画広告に関してもっと知りたい方は下記の記事がオススメです!YouTube広告に関して成功のヒントが詰まった内容です。

YouTubeの「TrueView広告」で売上を最大化しよう!

>>LP制作なら「株式会社ロックハーツ」へ!

4,まとめ LPの制作・運用は一括で

ロックハーツに全てお任せください!

本日の内容はいかがでしたでしょうか?2回にわたって売れるLPを制作し、集客する方法をお伝えしてきましたが、どの段階でもしっかりとした計画や分析による改善などが不可欠であることがおわかりになられたかと思います。一部、全体など依頼したい内容は様々かと思いますが、ロックハーツでは全ての段階で一括サポートが可能です。ハイクオリティーな動画制作、売れるLPの制作とSEO・LPO、運用や改善提案、広告運用、YouTubeなどの運用代行、様々なWEB制作などあらゆるお悩みをサポートする多種多様なサービスを取り揃えており、プロフェッショナルが各企業様に向けて最適なサービスをご提供いたします。ぜひ小さな事でも結構ですのでロックハーツにお問い合わせくださいませ!今なら期間限定!マーケティング資料も配布中です!

LP制作・運用サービス開始

期間限定!「無料」資料を配布中!下のボタンよりダウンロードを

LP制作のポイント5つを詰め込んだオリジナル資料が今だけ無料!

広告運用サービスは下記から!

「動画広告」でターゲット層をひろげよう

ご一緒に、高品質な「映像制作」サービスはいかがですか?

ご要望に合わせてジャンルを問わず、企業VPやサイトに掲載する動画など、様々なクオリティーの高い動画を適正価格でご提供することが可能です。SNSに動画コンテンツを入れたい!LPに動画を組み込みたい!あるいは、動画広告を出したい!等のご希望がございましたら、ロックハーツのプロの動画制作クリエーターが広告に適した良質な動画をワンストップで制作いたします!WEBサイト・動画等のコンテンツ制作にお困りの方へオススメのサービスも多数ご用意いたしております。ロックハーツでは映像制作から運用までの全てをプロフェッショナルが一括して承る事が可能ですので、ご遠慮無くお問い合わせください。今回は制作実例の一例として、ご好評いただいているウェディング関連動画の制作事例をご紹介いたします。各サービスとセットでのご利用をオススメいたします。

ロックハーツ公式YouTubeチャンネル【映像制作ロックハーツ - 動画マーケティング】より▼

【ROCKHEARTS】結婚式エンドロール作品例

【ROCKHEARTS】結婚式エンドロール作品例

プロのクリエーターが企画から撮影、編集を通して質の高い映像制作を行い、デジタルマーケティングに精通した実績を持つ担当者が一括で運用・改善までを適正価格で完全サポート!WEB制作もお任せください!

ロックハーツデジタルマーケティング事業部

企業様向けYouTube運営代行

ロックハーツ映像制作事業

PICK UP

-デジタルマーケティングコンテンツ
-, ,

Copyright© ROCKHEARTS , 2021 All Rights Reserved.